サポート

OITA SUBARU大分スバル

インフォメーション

【中津店】スバルグローバルプラットフォームって何?

2019.05.30 お店のつぶやき 中津店
皆さんこんにちは中津店です。
SUBARUのCMなどで耳にすることがある「スバルグローバルプラットフォーム」。
聞いたことはあるけど、一体どのようなものなのだろうという方も多いのではないでしょうか?

プラットフォームとは、クルマのボディを載せる基礎となる部分のこと。
SUBARUが次世代のプラットフォームとして開発したのが、2016年以降、インプレッサやSUBARU XV、フォレスターなどに採用されているスバルグローバルプラットフォームです。

このプラットフォームの開発でSUBARUが目指したのは高い「安全性能」と「動的質感」。
安全性能については、インプレッサ、SUBARU XVが平成28年度自動車アセスメント(JNCAP)※で過去最高得点を獲得したことでも証明済みですね。

一方で、「動的質感」は、ちょっと聞きなれない言葉かもしれません。
わかりやすく言うと、「動的質感」とはクルマを操作した時に、クルマの音や動きなどから感じる走りの気持ち良さのこと。
人の感性・感覚の領域のことなのですが、SUBARUは最新技術と専用の試験機を使い、1/1000秒単位でクルマの動きを測ることで、ドライバーが気持ち良いと感じる走りを分析。
それを新しいプラットフォームに結実させました。

スバルグローバルプラットフォームのメリットは、ステアリング操作に対してクルマが遅れなく正確に反応してくれること。
そのため、カーブでもハンドルの切り直しが少なく、スムースに曲がることができます。
一方で、直進安定性が高いのも特長です。通常、直進でもドライバーは無意識にハンドルを細かく修正しながら運転していますが、この修正が少なくてすみます。
実際に運転してみると、肩の力を抜いて力まずに運転できることに気づくかと思います。

こんなメリットが多いスバルグローバルプラットフォームは、インプレッサ SPORT、インプレッサG4、SUBARU XV、フォレスターに採用されています!
店頭では試乗も受付中!短い試乗でも、きっとそのメリットを感じていただけると思います。

News & Topics

ニュース&トピックス

どんな情報をお探しですか? subaru