ウェブチラシ
サポート

大分スバルOITA SUBARU

インフォメーション

【中津店】カタログのココが分からない!~燃費の数値編

2019.07.05 お店のつぶやき 中津店
皆さんこんいちは中津店です。
皆さんは新車のカタログを読んでいて「この用語が分からないな」「この数値は何を表しているんだろう」と疑問に思うことはありませんか?
そんな「カタログのココが分からない!」という疑問をちょっとだけ解決!

今回は、気になる方も多いであろう燃費の数値について解説します。
カタログやWEBサイトを見る機会があったらご注目いただきたいのが、燃費の数値のそばにある、「JC08モード」「WLTCモード」などのマーク。

実は、これまで皆様が見かけていた燃費値は、「JC08モード」という日本独自の基準で試験されたもの。
そこに新たに加えられたのが、国際的な試験法である「WLTCモード」で算出された燃費値です。

燃費は、クルマを「シャシダイナモメータ」と呼ばれる測定装置の上で、実際の路上のように加速・減速をさせながら、クルマを走らせて測定します。
この試験の際に、車両に乗せる人数や荷物の量、どんな風に加速したり、減速したりさせるかなどの条件が日本独自の基準である「JC08モード」から、世界統一の基準で測定した「WLTCモード」に変わったのです。

「WLTCモード」と「JC08モード」の違いは試験基準だけではありません。
「WLTCモード」には「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」の3つの走行モードによる燃費とそれらを総合した「WLTCモード」の4つの数値が表記されています。
つまり、そのクルマがどのシーンで燃費が良いかがより分かりやすくなったということですね。
ちなみに日本では表記がありませんが、海外ではアウトバーンなどでの超高速走行を想定した「超高速道路モード」という走行モードもあるんですよ。

今後も時々、カタログにある用語や数字の見方などをご紹介します。
もしカタログのことでご不明点がございましたら、中津店のスタッフにお気軽にお尋ねくださいね。

News & Topics

ニュース&トピックス

どんな情報をお探しですか? subaru